ヘンリエッタのにっき

2011/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/01

管理者ページへ 
記事編集

イージス艦衝突事故 あたごの衝突事件について

そういえば、この事件について、記事にするのを忘れていたな、と記事を漁っていておもいだした。


こちらの記事がとても簡潔にまとめていらっしゃったので、引用させて頂きました。


イージス艦「あたご」当直2士官に無罪判決 週刊オブイェクト

>イージス艦「あたご」と衝突した漁船「清徳丸」の事故で、横浜地裁が「あたご」当直の士官に無罪判決を言い渡しました。事故の主要因は漁船側にあるとするものです。


あたご衝突、自衛官2人無罪 地裁判決「漁船側に原因」 - 朝日新聞
--------------------------------------------------------------------------------
 海上自衛隊のイージス艦「あたご」が2008年2月、漁船・清徳丸と衝突し、清徳丸の父子が死亡した事故をめぐる刑事裁判で、横浜地裁は11日、業務上過失致死などの罪に問われた2自衛官を無罪とする判決を言い渡した。秋山敬裁判長は「清徳丸側が衝突の原因を作っており、あたご側に衝突を避ける義務はなかった」と述べた。

 刑事裁判に先だって行われた海難審判の裁決(09年1月)は「あたご側が見張り体制を十分に構築していなかったことが事故の発生原因」と判断。大きく食い違う形となった。
--------------------------------------------------------------------------------

> 当直2士官に無罪判決=「回避義務ない」と判断-イージス艦衝突事故・横浜地裁 - 時事通信(解説図あり)


>横浜地裁の無罪判決は、検察側の主張する航跡図を否定するもので、事故の主要因は清徳丸の右転舵にあり、
>なぜ清徳丸がその様な行動を取ったかについては「不明という他ない」とされています。




確か私も、清徳丸の右転舵にも問題があったという内容の記事を書いていたと思いますが、
この裁判結果については、大きく問題として取り上げられたりすることはなく、30秒や1分といった短いニュースで報道している局もありました。(´・ω・`)



記事編集

韓国がパトリオット防空ミサイルを密輸。中国に鹵獲される可能性が高かった件

kotkajuttu21mp_uu.jpg



パトリオット弾69発は韓国への合法輸送品=ドイツ政府発表

韓国行きパトリオットミサイル69発、フィンランドの港で抑留



事の経緯はこのような経緯のようなのです。
未確認情報の類もあるのであくまで推測として考えて下さい。

韓国政府が、アメリカの許可を受け、ドイツから中古のパトリオット防空ミサイル PAC2を購入。

ドイツから出荷される

嵐でフィンランドに寄港
その際、ミサイルが発見され、事件となる。

これらは、なんと花火と申告され、民間船舶の民間貨物と偽装された船へ積荷されていたという事実が判明

韓国サイドがなぜ民間貨物へ偽装したのか、不明
運送費用を安くするためとも、北朝鮮を刺激しないためともいわれているが、
なぜかミサイルの数が69本であった。

金正日総書記は69歳でなくなったとされている。



そしてこれらの船舶は中国 上海をも経由するルートで運ばれる手はずであった。
もしこれらが上海まで運ばれていたとすると、中国政府に鹵獲されていた可能性が非常に高い。

このミサイルはアメリカの許可をえて、ドイツから正規に中古で購入されたミサイルとの事なのですが
この運送手段は明らかに違反しているともいえる。

・花火と記載し、民間貨物と偽装したこと。
・重要な軍事物資にも関わらず、なんの護衛も付けずに民間貨物として配送したこと。




パトリオット防空ミサイルは日本の防空の中枢の1つとして採用されている軍事技術ですね。

今回、発見されたのは、PAC2といわれています。
PAC2は韓国軍にすでに正規導入されており、すでに配備されています。
今回の"密輸"は、補充として導入であると思われます。


日本ではPAC2と共に、PAC3を導入済みですが、PAC3はミサイルの迎撃に専用設計された品で、まるで別物といえるほどの進化を遂げた防空ミサイルです。

PAC3はミサイル防衛として使われ、亜音速飛行(マッハ1未満)の航空機迎撃に関しては、現在もPAC2弾頭が使用されるのではないかと思われます。

もちろんPAC3は対航空機に対しても、非常に高い性能を誇りますが、対航空機の有効射程などは非公開でり、その有効射程はPAC2よりも落ちていると考えられています。

また、PAC3はPAC2よりも価格にして4倍程度、高価なミサイルです。
もちろん、3機、4機といった少数のみでの侵入であれば、PAC3など、最新の装備を用いての迎撃となるでしょう。

しかしもし日本への侵攻が始まり、大多数の爆撃機群などが侵入したなどの際には、古いタイプであるPAC2も投入されるのではないかと考えられます。


もちろん、日本では防空ミサイルの独自開発もおこなっており、PAC2を凌ぐと考えられる、03式中距離地対空誘導弾なども配備されています。

しかし、03式中距離地対空誘導弾は純国産であり、価格が非常に高いと言われています。




自衛隊のペトリオットPAC2防空ミサイル
パトリオットというワードが一般的に多く使われていますが、自衛隊ではペトリオットとよばれています。
IMG_5598.jpg
小牧基地航空祭2008年
記事編集

天体観測 - orione -

orion.jpg


こちらが、昨日言っていた、オリオン座です。
特徴的な星座がみえるかとおもいます。
記事編集

今宵月を待ちて

MOON_H.jpg


おおよそベストコンディションで皆既月食を観測することが出来ました。
といっても、最寄りの公園に足を運んだぐらいですが。

赤く染まった月はやはり魅力的な迫力がありますね~
今月はそれほど月の大きさが大きく見えなかったのですが、デジタルカメラの進歩がすごいですね。

夕日モードにしてオートでこんな撮影ができてしまいます。(´・ω・`)
こちらの写真にも数個ほど星がみえているのですが、今回はオリオン座も撮影できました。
記事編集

パールハーバー 真珠湾攻撃 太平洋戦争70周年

今日はあの真珠湾攻撃、太平洋戦争(真名:大東亜戦争)開始から、ちょうど70年目、に当たる日です。

おまけに、FLAGSの動画を追加しました。





こちらの映像は、映画:パールハーバーのものとなります。
アメリカのプロパガンダ作品であり、なおかつ大衆作品として広く公開されています。
これらは、史実とは大きく異なる描写がされていますが、映像としてはとても迫力がある作品に仕上がっています。
映像がとても綺麗なのですが、シナリオがとても残念な出来なのが惜しいです。(´・ω・`)



あの戦争がどういう物だったのか、幾つか本が出版されていますね。
その中には、GHQ焚書図書開封など、GHQが隠匿した書物が公開され始めました。


当時の国旗のデザインを掲載させていただきます。 特に他意はないです。
日本の国旗は、寄せ書きが行われているものとなります。

日の丸寄せ書き
ナチスドイツの国旗
イタリア王国 国旗



T.M.Revolution - FLAGS
記事編集

イラン情勢・・・

2011.11.30 イギリスは、イラン大使館を閉鎖 全職員、国外に退避


2011.12.01 欧州連合=EUは、イランの核開発疑惑が強まったとして、追加制裁を決定


2011.12.02 パネッタ米国防長官は
ワシントンで講演し、核開発問題などで欧米と対立するイランについて「必要ならば幅広い軍事的選択肢を米大統領に提供する」と述べ、軍事力の行使を辞さない構えを見せた。


アメリカが攻撃するなど、軍事介入となると、私の読みではイスラエルと協調して動くか、イスラエルが先手を切るかと考えていました。
その点と、諸々の情勢の流れの上で、先日の記事を書きました。

しかし、この件に関しての続報が入って来ません。・・・


2011.12.04 イラン政府が20%濃縮ウランを使った核燃料の製造に成功したと伝えた。
核燃料の製造技術がなかったイランは昨年2月からウランの20%濃縮に着手し、自前の燃料製造を進めていた。
米欧側はこれまでイランに核燃料を提供する見返りに、兵器転用の可能性がある濃縮ウランの国外搬出を求めてきた


2011.12.04「中国は、第三次世界大戦が始まってもイランを支持する」 ・・・中国国防大学教授


これは、大学教授と、政府などの発言ではありませんが、国防大学となると軍の幹部を育成するような系統になるのでしょうか?
これらは、中国の国民を反米へ誘導する可能性もありますよね。



そして、このニュース

イラン軍、米無人偵察機RQ170撃墜"と報道

イランの国営テレビは4日、軍事筋の話として、 イラン軍が同国東部で米無人偵察機RQ170を撃墜したと報じた。



RQ170といえば、ウサーマ・ビン・ラーディンを殺害したネプチューン・スピアー作戦へも、投入されていた、ステルス機ですね。

anyone1.jpg

007_bmp5dd946dc-3790-4d07-8155-5ed22cc68a92Larger.jpg


見ての通り、B2ステルス爆撃機の系統を踏む機体であります。
これが損傷軽微で鹵獲されたとのことです。

また、ネプチューン・スピアー作戦では、MH-60ブラックホークの系統のステルスヘリが投入され、着陸失敗により墜落、兵士は無事脱出した後、爆破したとの経緯があります。


これが、爆破された、ヘリの残骸です。
051611tns_downed_chopper1_315.jpg



そしてこちらがその全貌のイメージ図となります。
有志による作品であり、テイルローターのみからのイメージ図ですので、実機とはことなります。

110505stealthbh.jpg


68.jpg


この残骸が、パキスタン政府から中国政府へ100万ドルで売却された、あるいは中国の技術者に公開した、などの情報もあり、アメリカ政府はパキスタンに対し、返却を要請していましたが、続報があまりありません。







1111.jpg



この機体が、ブラフなどではなく、B2の技術が搭載されているとなると・・・
これを破壊ないしは回収するためだけに軍事行動を起こす可能性すらあります・・・
B-2の技術を搭載した機体を投入するということは、それだけアメリカが力を注いでいるということ。


あるいは、これらはダミーの機体であり、ブラフであるか可能性・・・
はたまた、B-2の技術はもはや必要のない技術であり、捨て石になった可能性もありますね。

B-2の初飛行は1989年と公開されており、細部にわたり情報が記載されています。

B-2 (航空機) - Wikipedia

記事編集

Docomo AQUOS PHONE SH-01D

シャープ アクオスフォン



シャープからAndroidスマートフォンシリーズの新作が発売されました。
Docomoのキャリアなのですが、デュアルコア&防水スマートフォンという代物。

デュアルコアでどれほど変わるか実機を見に行きたいですね。

動画再生においては、SHARP一択といえるほど差が開いているので期待大です。


docomo with series AQUOS PHONE SH-01D
記事編集

イラン核関連施設の爆発について、誤報であるとの情報。


本日未明に投稿した記事ですが、どうやら誤報である可能性が高いそうです。

写真の施設の爆発は12日に起きていたとの事。
写真の撮影は22日であるとの事。
また、原因は弾道ミサイルの燃料の注入の際に、爆発した事故であるとの情報です。


http://www.cnn.co.jp/world/30004776.html?ref=ng

どうやら、報道陣が22日に撮影した画像を、誤って28日の爆発によるものとして、発表したようです。


28日の爆発は、12日とはことなる場所で発生したという情報と
12日のものを誤って報道した誤報であるという情報があります。



記事編集

イランの核関連施設が爆発。

iran_after.jpg
12/1追記:「上記写真は11/22日撮影されたもので、12日に爆発した軍施設の写真であるとの事

英紙タイムズは30日、イラン中部イスファハンの核関連施設で28日に爆発が起きたと伝えた。
同紙が入手した施設の衛星写真などを基に報じた。

http://www.nikkei.com/

イスラエル情報機関筋によると、爆発は偶発的な事故ではないとする情報があります。
また、イスラエルは先日から、核施設への攻撃を示唆する声明を発表していました。



イスラエル対外情報機関モサドのエフライム・ハレビ元長官が17日までに、インタビューに応じた

イスラエルが核開発疑惑のあるイランへの攻撃を検討しているとの臆測について、
「真剣に受け止めるべきだ」と強調し、
「攻撃の可能性はないとイランが考えるなら、重大な間違いを犯すことになる」と警告した。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111700484



これらの事態は高い可能性としておおよそ予測はできましたが、実際どう転ぶか・・・
3.11以前にも以前にも、同じような動きはありましたが、わりとスルーだったので、今回は反響が大きいかもしれませんね。

私的な見解を述べるとすると、イスラエルによる計画的な攻撃。
アメリカとも織り込み済みでしょうね。

26日ごろの情報では、ロシアの艦船がシリア海岸線に展開しているとの情報と
さらには、アメリカの原子力空母艦隊がシリアに向かっているとのことでした。


やはり気になるのは、ロシア、中国の動きでしょうか・・・
ロシア、中国が大きく動くようであれば、大きな流れになるやもしれませぬ。



ちなみに、パキスタンでは、先日2011.10.31にロシア型の核爆弾による、フォールアウトが観測されたという非公式情報があるそうです。(´・ω・`)