ヘンリエッタのにっき

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

コードギアス 第25話 「Re;」最終回

今回は、コードギアス最終回の考察をやってみます。

主にルルーシュの生死についてですねぇ。
見ていて気づいた点、気になった点。
・まず、2ヶ月という時間的余裕がある。

ギアス002
・ジェレミア卿の笑み
主が望みだとしても、死ぬとわかっていてあの表情はないんじゃないかと

ルル02

・刺される前のルルーシュの笑み
これっていつもの(なにか企んでる時の)笑みだよね?w
・C.Cが教会で泣いている。
代償として死ぬ事を嘆いているとも取れますが・・・
自分が不死者として地獄のような経験をしていて、
それをルルーシュにも歩ませることになることを嘆いているともとれるかも。
・スザクは本気で殺したと思っている。
・スザクの「そのギアス確かに受け取った」はルルの願いを受け取ったという意味?
・ナナリーへの記憶の流入
ナナリーは嘘を見抜くことはできるけど、記憶の描写はなに?
>C.Cとスザクの接触と同様の現象?

ギアス001

・ジェレミア卿がまた笑った 「この場は引くんだ!」のところね。
上記と同様、主の死んだのに笑うかな?
・ルルの遺体や死後についての描写がない
ジェレミア卿達がルルを運んで逃げた可能性もあるね。

ruru04

・なぜか馬車の御者の顔が隠れている。
MOBキャラの表情も結構細かく書かれてるこの作品で顔を隠す意図は?
・また、御者の肩がズームアップで描写されている。
C.Cと偶然であった人であったとしたら、この描写の意図の意味が無いよね。
・セ■の意味深な発言「ギアスという王の力は人を孤独にする… 少しだけ違っていたか。な、ルルーシュ」
これは生死、どちらのパターンでもとれるね。

個人的な見解としては
・ルルーシュは2ヶ月間の間に何らかの手法で不死、あるいはその類の力を得ている。
・最後のシーンの馬車を引いている人はルルーシュ。
・ジェレミアはルルーシュが死なないことを知っていた。
・ナナリーはルルーシュの意思を継ぐ
・スザクはナナリーを守り、ルルーシュのギアス(願い)を叶える。
・ルルーシュはセ■とともに影からこっそりと世界の平和を支えている。

という解釈をしましたがどうなんでしょうね。

考えてみたけど、この"平和な世界"がどれくらい持つと思いますか?
世界は半世紀もすれば変わる、今の日本がわかりやすいね。
長期的に考えると、ここで死ぬのは目的を完遂することにならないんじゃないかな?
むしろスタートラインとも考えられないかな?
新しい世界を作ったのはいいけれど、維持するのはなかなか難しいよね。
そこらへんを考えるとここで死ぬのは早いんじゃないかな?
あと、セ■との約束もまだ果たしてないよね。


掲示板の書き込みで気づいたポイント
・セ■の額の刻印が馬車のシーンでは見えない
髪の毛がわりと開いてたけれど、見えてないね。
ただ、他のシーンでも見えてないシーンはあるのでどちらとも・・・

こんな書き込みも
・C.Cと皇帝はコード発動時死んでいる
→コード発動のトリガーは両目ギアスでコードを受け継いだ状態で死ぬこと
→ちなみに両者ともに心臓に一撃で死亡
・皇帝が紋章のある右手をルルーシュに押し当てている
→この時コード移譲、以降死ぬまでコードは潜伏

・やっぱりコードを継承するには一回死なないとだめなんだ
 シスターもCCを殺そうとしたしね

C.Cか、教団の研究から不死orその類の力を得たのかと考えてたけど、こっちも納得できるよね。
コメント
この記事へのコメント
あう・・・
下のコメント、書くところ間違えました(アハハ

中々面白い考察で、嫁が帰ってきたら見せてやったら喜ぶかな、なんて思ってます^^

次回おもしろいの始まるかなぁ、番組欄見てたら、やたら新番組始まるみたいだけど、名前みてもぱっとわかるのがないや(アハハ
2008/09/30(火) 10:35 | URL | ポン #pyek25Yw[ 編集]
生死の議論はいろんなところでなされてるみたいですね。
私が気づいた点はほとんど上がってて、自分はまだまだ見落としがあるなぁとかおもってましたw

たぶん、製作サイドとしてはどちらともとれるつくりをしたのかもしれませんね。

3期はさすがに無理かもしれませんが、後日談の同人誌とかいろいろと面白いかもしれません。
2008/09/30(火) 11:55 | URL | ヘンリエッタ #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henrietta2005.blog110.fc2.com/tb.php/124-db2e9f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。