ヘンリエッタのにっき

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

スリーマイル島原子力発電所事故では1000マイクロシーベルト

スリーマイル島原子力発電所事故
放出された放射性物質は希ガス(ヘリウム、アルゴン、キセノン等)92.5 PBq(250万キュリー)、ヨウ素555GBq(15キュリー)、
周辺住民の被曝は0.01 - 1mSv程度であり、住民や環境への影響はほとんど無かった

つまりこの際には、住民への影響は10マイクロシーベルト~1000マイクロシーベルト
1000マイクロシーベルトでは観測されるほどの影響が出なかったようですね。

現在の情報ですと、福島県で44・7マイクロシーベルトが検出されたのが最高値でしょうか。



今後の動向は要注意ですね。


長期的な放射線量が気になるところですが、それを語ると、世界各地で行われた核実験で、幾度と無く被爆を受けていますよね。
最近では中国による核実験で日本でも放射線の上昇が確認されています。

1945年以降2000回を超える核実験が行われています。
しかもそれは現在は行われていない大気中での核実験も含まれています。
それは日本や、各国の農産物にも届いていたはずです。


iyan10496.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henrietta2005.blog110.fc2.com/tb.php/300-d012c696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。