ヘンリエッタのにっき

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

福島第一原発 30キロ圏内のお話

map_20km_30km.jpg


>屋内退避の指示が出ている原発から北西30キロ付近の地点
>午後1時32分の時点での放射線の量は、1時間当たり150マイクロシーベルト
>17日午後2時には1時間当たり170マイクロシーベルトを検出しています。
朝日新聞

これは、およそ24日間、その区域の屋外に滞在した場合、100ミリシーベルトに達する可能性がある数値です。
今すぐこの区域を離れないといけない、といった数値ではありません。

しかしながら、この区域で住むには、高い数値であります。
私の意見としては、避難を検討したほうが良い段階にあると思います。

現在、不安の煽られ、自らの判断でこの地を立つ方が増え、道路が混雑しています。
そしてそれは、この区域への補給物資の運送や、医療の必要な方の避難の妨げとなってしまっています。

渋滞は30キロ圏内ではさほど多くないかもしれませんが、福島県を出たあたり、茨城や新潟で、渋滞しているそうです。
そしてこの渋滞は本当に物資を必要としている方への輸送に深刻な影響を与えてしまっています。

混乱やパニックは避けなければなりません。

避難は出来る限り、県と市町村の指示を受けて、行ってください。
現在、福島県は、避難希望者の順次避難開始の動きを始めております。
>希望者30キロ圏外避難へ

現在は、入院患者や、避難所へ避難している方を優先しているかとおもいます。
現在、福島県の避難所はいっぱいだそうです。

避難は順番に行えば、大丈夫です。
慌てた行動を取らないように、お願いします。


避難は市町村や県により、バスなどを用いた避難が行われています。
自家用車での避難は避けたほうがよさそうです。

ガソリンスタンドは、避難者を載せたバスや物資輸送のトラックを優先して給油がおこなわれますので、
自家用車での避難は立ち往生してしまう可能性もございます。

また、ガソリンスタンドでは長蛇の列があり、一台20リットルまでなどといった、給油制限が行われています。
自家用車の利用は、空港までなど、限定して使うのが良いかもしれません。


空路は福島空港、山形空港が生きています。チケットが取り辛いと思いますが福島空港まではなれることができれば大丈夫でしょう。

福島空港までは、臨時ダイヤでリムジンバスが出ています。
福岡空港HPでご確認ください。

福岡空港HP
福岡空港-副社長のブログ


携帯しか無いなど、情報が不足しているかたは、メールでご相談ください。
メールアドレス:s*****007@i.softbank.jp
<メールアドレス変更のため、伏字表記に変更しました>

あと、ツイターの情報がかなり役に立ちますね。
私のTwitterID は→ henrietta_p90


追加情報として、
タンクローリーを福島県用に10数台 政府が購入したそうです。
自衛隊員らがタンクローリーを運転し、原発の退避区域の給油所に届けるとの事です。

また、石油各社に対し、関西地方などから被災地にタンクローリー300台を追加投入し、被災地や関東圏へ、新たな供給体制をつくるそうです。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henrietta2005.blog110.fc2.com/tb.php/306-ebe48628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。