ヘンリエッタのにっき

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

中国 北京からの黄砂と大気汚染について いわゆる有毒ガス 北京咳 有毒スモッグ 有害濃霧

中国 北京と大気汚染



さて、今回の題材は、中国や北京などの由来の大気汚染

熊本日日新聞社
大気汚染粒子きょうから増加か 中国から越境?


なにをいまさら・・・? な話ではありますね。

ただ、ここ数日、各地の観測機器でも、数値としても確かに高い数値がでています。

九州のPM2.5 実測値

ええっと、赤が計測上限値です。
ええっと、赤が計測上限値です。


思った以上に影響があるようです(´・ω・`)


北京の大気汚染、石炭火力発電所の規制を
64960_115660_20130131194911.jpg
(水蒸気などのいわゆる霧ではありません)

どういう事だおい


肖像写真が見えるほどの数百メートルで、これほどとは・・・

そしてその被害規模をしらべてみるとこんな記事もあります


「屋外運動控えて」 中国で深刻な大気汚染 毎年36万が死亡

正直、ここらへんのソース記事は信頼に値しません。
ただ、中国国内事情であるにもかかわらずこのような数値が出るということだけは理解しておいたほうがよさそうですね。


グリンピース発表のPM2.5







比較的に信頼出来る報道をあたってみても、このような有様です。
東京スポーツ新聞社 超有害な黄砂が日本に降り注ぐ


喘息や花粉症のような症状が出ます。

とくに危険なのが、喘息です。
日本では、235万人が喘息を抱えているとの統計があります。
発作を起こすと呼吸困難になり、死に至ることもあります。

喘息のお薬を処方された経験のある方は、早めに処方してもらってください。

喘息のお薬一覧 (PDF)


喘息のお薬 参考画像



・中国由来の大気汚染は、日本を含めアメリカ カリフォルニアにまで到達しています。
・黄砂だけではなく、 ■■性物質、水銀や重金属、硫黄や亜硫酸ガスを含んでいます。
・症状は、喘息の発作、花粉症ににた症状。 肺硬化症、気管支炎、心血管疾患、肺がんなどを引き起こします。

2008.5.12
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henrietta2005.blog110.fc2.com/tb.php/374-f170091a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。