ヘンリエッタのにっき

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

北朝鮮の情勢

北朝鮮弾道ミサイル



さて、今回のミサイル発射に関してですが
北朝鮮の外交官から、アメリカなどの外交官に対して、10日以降にミサイル発射を行うと通告を出したとのことです。

この事から、今回のミサイル発射は、いわゆる先制攻撃ではなく、ミサイルの実用試験の意味合いとなると、想定できます。


ここから、推察となります

今回のミサイルは、ムスダンと呼ばれるもので、グアムを射程に収めると言われています。
発射地点は、グアムなど、アメリカ領土ではなく、日本本土をこえて、太平洋に落下する発射を行うと予想しています。

というのも、ムスダンは、いまだに実用段階にはなく、発射試験も北朝鮮の運用では行われていないものです。
グアム、あるいは沖縄コースで発射を行うと、自衛隊、及び米軍により、迎撃され、データがとれなくなります。

また、もしそのような射撃を行うと、北朝鮮への軍事介入は不可避な物となります。

ムスダン (ミサイル) - Wikipedia



さて先日、戦争になるかどうかというのは話しが別、と書きましたが
予測としては、今回のミサイル発射を実行に移した場合、アメリカを中心として、NATOやG8からも、介入が起こりえます。

アメリカの世論は、そろそろ介入に傾き始めました。
米国で北朝鮮に対する「軍事介入」6割が支持とのCNN世論調査

英国では、首相が、北朝鮮のミサイルは、我が国にも届くとし、原潜の更新を実施すると表明しました。
また、NATO 北朝鮮に強い懸念 を表明する事態となっています。

それだけではなく、ロシアからも表明がありました
ロシアは北朝鮮に対するG8各国の懸念を共有しているとの声明
「G8、北朝鮮の挑発行為拒否で一致=ロシア外務省 」



今後の展開としては、中国とアメリカ、日本が連携をとった軍事制裁を行うという、珍しい事態となりそうです。
なぜ中国が?というのは後ほど解説するかもしれません。未定ですが
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henrietta2005.blog110.fc2.com/tb.php/379-124a3089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。